地下鉄東山線「覚王山駅」2番出口より徒歩5分

052-764-2226

〒464-0056 愛知県名古屋市千種区月見坂町1-14

名古屋市千種区の歯科ノエルデンタルクリニック 覚王山駅徒歩5分 駐車場完備

予防・歯周病治療

CONTENTS MENU

歯科用CT / 3D診断
無料相談、かみ合わせ、矯正、インプラント、まずはご相談ください。
妊娠中、産後1年以内の方、妊産婦歯科診査(名古屋市在住の方)詳しくはこちら
安心安全なインプラント治療、詳しくはこちら
透明な矯正装置、インビザライン、詳しくはこちら
モバイルサイトはこちらのQRコードよりご覧ください。

予防歯科

予防歯科とは、むし歯になってから治療していた従来の歯科治療ではなく、むし歯にならないように日頃からケアしていく、という新しいタイプの歯科治療のことです。
ご自宅での毎日のお手入れと合わせて、歯科医院でのお手入れを欠かさずに行うことが、むし歯を作らないコツです。

PMTC(歯のクリーニング)

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士が特殊な器具を用いて定期的に行うお口の清掃プログラムのことです。
むし歯・歯周病の原因はプラーク(細菌)です。このプラークは歯の表面にバイオフィルムと呼ばれ、通常では共存できないような細菌の共存を可能にしている細菌の膜を形成します。
このバイオフィルムは細菌が分泌する多糖体に守られ歯の表面に強力に付着するため、歯ブラシだけでは除去できません。

しかも異物の進入を防ぐ性質があるため、付け薬・うがい薬・ハミガキ剤などはバイオフィルムの除去に対してほとんど効果はありません。

PMTCは、特殊な器具とお薬を用いてバイオフィルムを丁寧に除去しますので、痛みは全くありません。また、PMTC直後に、フッ素ケアを行えばフッ素の予防効果はアップします。

※PMTCは自由診療(保険外診療)となります。

フッ素ケア

フッ素は自然界のあらゆるところに微量の元素として存在し、色々な食品にも含まれており日常の食事からも摂取しているもので、ごく大量に摂取しなければ安全で害の無いものです。
フッ素には

  • 歯質の強化
  • 歯の再石灰化促進(初期むし歯の修復)
  • 細菌の抑制の効果

があります。
クリニックで行うプロフェショナルケアでは、高濃度のフッ素を直接歯の表面に作用させることで高い予防効果があります。
さらにPMTCと併せて行うことにより歯の表面にフッ素が取り込まれやすくなりさらに効果を高めます。
また、フッ素配合のハミガキ剤やホームケア用のフッ素ジェル等などにも低濃度のフッ素が含有されており、日常的な使用により、プロフェッショナルケアの効果を高めます。

シーラント

萌出したばかりの歯はまだ成熟しておらず、むし歯に侵されやすい状態にあります。
特に奥歯の噛む面にある筋のような溝は、裂溝といいむし歯の好発部位です。
シーラントとは、この溝をきれい清掃した後にフッ素徐放性の材料でシールしてむし歯を防ぐ予防処置です。

妊産婦、産後1年以内の方の歯科診査

妊娠中は、ホルモンのバランスがくずれることにより『妊娠性歯肉炎』に罹りやすくなります。
歯肉炎をそのまま放置すると歯周病に移行します。
また、つわりがひどかったりして歯磨きができなかったり、食事の回数が増えたりすることでお口の中のプラークが増えて歯肉炎やむし歯になりやすくなります。
さらに、妊娠中の歯肉炎は低体重や早産・流産のリスクがあります。

産後も口腔内を清潔に保つことは重要です。
生まれてくる赤ちゃんのお口には歯周病菌もむし歯菌もいません。
ご両親からの感染(口移しで食べ物を与えたりする、キスなど)が原因で歯周病菌やむし歯菌が赤ちゃんの口腔内に感染します。
赤ちゃんの口腔ケアのためにも産後の歯科診査を受けられることをお勧めします。

当院では名古屋市からの委託業務で妊産婦、産後1年以内の方の歯科診査を行っております。

対象 妊娠中または、産後1年以内の方
内容 歯科医師が歯科診査、保健指導を行い診査結果を母子健康手帳に記載
料金 無料(母子健康手帳別冊の「母と子の健康のために」の妊産婦歯科診査受診票をお持ちください)

歯周病治療

歯を失う原因の第1位は歯周病です。
しかも、5分の4の大人が、実は歯周病にかかっているのです。
自分は関係ないと思っている方も、一度お口の状態を確かめてみてはいかがでしょうか?歯周病が知らない間に進行しているかもしれません。

歯周病とは

歯周病とは、歯を支えている組織が破壊される病気です。その結果、ハグキがやせたり、歯がぐらついたりします。
原因はお口の中の歯周病菌です。
もともと歯とハグキの境には歯肉溝といって約1~2mmの溝がありますが、その部分に歯垢(プラーク)や歯石がついてしまうと、その内部で歯周病菌が増殖していきます。歯石とは歯垢が石灰化して固まったもので、石のように硬く歯に沈着してしまいます。

やがて炎症により歯とハグキの付着によりとじている部分に深い溝が形成され、その部分に歯周病菌の巣ができてしまいます。この溝のことを歯周ポケットといい、この深さは歯周病の状態をみる一つの指標となります。
歯周ポケットが深くなるとその中は、歯周病菌の巣となり菌が増殖してハグキの炎症をひどくさせます。

また、歯周病菌よりでる内毒素や体内よりでる炎症性物質は、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)などを破壊してしまいます。

その結果、歯の動揺、ハグキの退縮、ハグキからの膿や出血、知覚過敏などの様々な症状を引き起こします。
基本的には破壊されてしまった骨をもとの状態にはもどすことはできません。骨の破壊は、レントゲン診査で確認することができ歯周病の進行を評価することができます。

歯周病治療

歯周病の基本的治療は、歯周病の状態の診査、正しいブラッシング方法の習得、歯石の除去です。最終的な目的は歯周病菌の菌数を減少させることです。
その為にはブラッシングによりプラークを除去しなくてはなりませんが、深くなってしまった歯周ポケット内を十分にブラッシングすることは不可能です。
また、歯石はポケット内のブラッシングを阻害し歯へのプラークの付着を容易にさせ、炎症を悪化させる要素となるため除去が必要ですが、ご自身で取ることが出来ないためクリニックにて除去します。
そうすることにより、徐々にハグキの炎症が無くなり歯周ポケットが浅くなるのでポケット内までブラッシングが出来るようになります。
よって歯周病菌を減らすことが可能となります。

位相差顕微鏡を用いた最新の歯周病治療

従来の歯周病治療は、ハミガキ指導、歯石取りがメインに行われてきました。歯周病の原因は歯周病菌であり、これを減少させ症状を改善させるにはある程度時間もかかるうえ、正しいハミガキを徹底しなければ進行を食い止めることはできません。

なぜならば、ハミガキや、歯石とりなどは、菌を取り巻く環境に作用している部分が大半であり、菌そのものの環境(歯周病悪玉菌の割合、カビなど)には直接作用しません。菌を取り巻く環境がかなり改善して初めて菌そのものの環境が変わるからです。

ノエルデンタルクリニックでは、位相差顕微鏡を用いてお口の中で悪さをしている原因菌を特定し、飲み薬と専用の歯磨き剤だけで口腔内の悪い菌の環境を改善する治療を行っております。通常、1週間ぐらいでお口の嫌な臭い、ネバネバ感、ハグキからの出血がなくなります。詳しくはご相談ください。

TOP PAGE