〒464-0056 愛知県名古屋市千種区月見坂町1-14
地下鉄東山線「覚王山」2番出口より徒歩5分

電話:052-764-2226

名古屋市千種区の歯科ノエルデンタルクリニック 覚王山駅徒歩5分 駐車場完備

子どもの矯正

invisalign

歯科用CTを導入し精密な治療を提供しています

妊娠中、産後1年以内の方 妊産婦歯科診査

安全安心なインプラント治療

無料相談 かみ合わせ 矯正 インプラントまずはご相談ください

HOME»  子どもの矯正

子どもの矯正歯科治療

子どもの矯正歯科治療は、主にあごの骨のバランスや大きさを整える第一期治療と歯の位置を整える第二期治療に分かれます。第一期治療は、主に小学生の時期に行い、最も適した装置を使って悪い歯並びや癖を治し、正しい噛み合わせになるように歯を誘導していきます。第一期治療は、あごの骨がまだ柔らかく、成長段階のお子さまだからこそできる治療です。

第二期治療は、主に大人の歯が全て生えた後に行う治療で、歯の位置を整えていきます。また、第一期治療の前に主に反対咬合(受け口)に対して行う咬合誘導処置を行う場合があります。

子どもの矯正の特徴

歯列弓の拡大と、大きい噛み合わせのズレ改善が目的

一期治療だけでも正常な歯列の成長の過程たどり着く場合もあります。また、第二期治療が必要な場合でも、
第一期治療のうちに歯列の十分な拡大ができていれば、歯を抜かずに並べ終える可能性がかなり増えます。
つまり、歯の本数やお口の中にゆとりを持たせる面でも、子どもの矯正は望ましいものなのです。

歯並びの改善と、小児から矯正を始めるメリット

歯ならびがガタガタ(叢生)になる原因で1番多いのが、顎の大きさ(歯の並ぶことの出来るスペース)に対して歯の幅の総和のほうが上回る為に起こります。

改善する方法は、大きく2つです。

一つは、顎の大きさを拡大することです。
成長期などの時期的な制約があります。
もう一つは、抜歯することです。
歯を抜くことにより、他の歯が並ぶだけのスペースをつくります。
多くの場合左右の小臼歯を抜歯します。
その他、多少のことであれば、歯の幅を小さく調整したり、歯の軸の角度を大きくしたりしてスペースをつくります。

なるべくなら抜歯は避けるべきですが、成長期を過ぎてしまった時期に行う歯列矯正の場合、必要であれば抜歯をしなければなりません。これを抜歯ケースといい、抜歯なしで行う歯列矯正を非抜歯ケースといいます。

小児から歯列矯正を始めるメリットとして、極力、非抜歯ケースを目指すことができることです。

不正咬合の問題点

不正咬合(ふせいこうごう)とは、簡単に言うと噛み合わせが良くないことです。

顎・顔・歯などがなんらかの原因で異常をきたし、その結果、正常な噛み合わせでないことを言います。
歯並びや噛み合わせが悪いと見た目だけでなく、からだや精神に様々な悪影響を及ぼします。むし歯や歯周病になり易かったり、ものを噛みにくく消化不良になり易かったり、発音しにくかったり、顎関節症や肩こりの原因となったりします。また、外見上のコンプレックスにより、人前で躊躇なく笑えなかったり、人前に出ること自体が苦手になってしまったりと様々な事が考えられます。

子どもの骨格に原因がある不正咬合の場合、早期であればあるほど効果的です。早期治療をお勧めします。

むし歯や歯周病になりやすい
歯が重なり凸凹に並んでいると、十分に歯磨きが出来ずに歯の付け根や歯の隙間に歯垢や歯石が付き易くなります。その為、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。
よく咬めない
歯並びが悪いと正しく咬むことが出来ません。そのため、食べ物を正しく咬めず、十分な咀嚼がされないまま飲み込んでしまい、胃腸にも大きな負担を与えてしまいます。
顔の形、顎の成長にも影響する
顎の骨や顔の筋肉は、正しく咬む事で発達をうながされます。不正咬合の場合、顎の発育が未発達になったり、顔が歪んだりする影響が出て来ます。
人前で笑うのが苦手
歯並びが悪いとコンプレックスの原因になり、話したり笑う時につい口元を手で隠したりし、表情も暗くなりがちです。

不正咬合の種類

叢生(そうせい)

“乱杭歯”や“八重歯”のように歯と歯が重なり合っている状態です。
主に歯がきちっと並ぶだけのスペースが不足する為に、歯並びが凹凸になります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる“出っ歯”のことで上の前歯が下の前歯に比べて、前に突出している状態です。
「上の前歯が前に出ている」、「上の顎の骨が出ている」のなどの原因があります。

反対咬合(はんたいこうごう)

いわゆる“受け口”のことで下の前歯が上の前歯に比べて、前にある状態です。
歯が原因で上下反対に咬んでいる場合だけでなく、骨の問題に起因する場合もあります。
前歯以外でも、部分的に上下の咬み合わせが反対となっている状態もあります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

前歯のかみ合わせが深く、咬みあわせた時に正面からみて下の前歯が上の前歯に隠れてしまう状態です。下の前歯が上の前歯の内側の歯茎を咬んでしまっている場合もあります。

開口(かいこう)

奥歯を咬んだ状態でも、前歯は咬み合わない状態です。食物を咬みきれなかったり、発音に影響が出る場合があります。

矯正治療の流れ

(1)矯正相談
歯並び、かみ合わせについて現在の状況と矯正歯科治療の必要性、もし必要ならいつごろ始めた方が良いのか、どの位期間がかかるのか、その費用などの概略をお話します。

(2)精密検査
矯正歯科治療を開始するにあたって、顎の骨、歯並び、かみ合わせの現在の状態を詳細に検査します。

(3)検査結果の説明
資料を詳しく分析し、現在の状況を調べ、どのような治療が必要かを具体的に説明します。その際、使用する装置、期間、費用等についてもお話しします。

(4)矯正治療の開始
(小児の場合は、第一期治療と第二期治療があります。)

第一期治療

主に小学生の時期に行なう治療です。患者様に最も適した装置を使い悪い歯並びや癖を治し、より良い顎の骨の成長を促すことにより、正しいかみ合わせになるように歯を誘導していきます。

第二期治療

主に大人の歯がすべて生えたあとに行なう治療です。正しいかみ合わせと美しい歯並びになるように治療します。

歯の状態によって、第一期治療で終わるケースと第二期治療も必要なケースがあります。

(5)保定
動かした歯をその位置で安定させる期間です。

矯正治療についてのよくあるご質問

いつ頃から始めたらいいのでしょうか?
矯正歯科治療を開始するのに最適な年齢はあります。
歯を移動して矯正歯科治療すること自体は何歳からでもできますが、
最適な時期ということであれば、歯並びのタイプによって個々に異なります。
歯がデコボコ(八重歯)の場合は大人になってからでも十分矯正歯科治療できますが、上下の顎の関係が悪い(出っ歯や受け口など)のような不正咬合では、顎の骨が成長している時期から矯正歯科治療しなければならないことが多く、早めに相談だけでもしておくことが大切です。
小学校入学前にチェックしておけば安心です。
何才までできるのですか?
お口の中の状態によりますが、何才からでも矯正治療を行なうことが出来ます。
どのくらい期間はかかりますか?
歯並びのタイプや年齢、どの様に治療するかによって異なりますので一概に言えませんが、一番頻繁(1か月に1度ほど)に通院する期間は、1年半から3年位でしょう。その後は、3か月から6か月、あるいは1年に、一度ほどのチェックが数回必要です。
我慢できないくらい痛いのですか?
痛い事はあります。歯に数十グラムから150グラム程度の力(矯正力)を加えて移動させます。
その時、歯の周りの組織を圧迫しますので痛みとして感じます。
しかし、通常は我慢できる程度の物であり、2~3日くらいで慣れてしまいます。
特に子供の場合はほとんど痛みを感じない場合もあります。
いずれにしろ、生活に差し支えるような事はありません。
どうして治療が必要なのでしょうか?
正しい咬み合わせになることで、食べ物をよく咬むことができ、消化器官の働きをよくします。顔の筋肉のバランスが改善されることにより、顎関節の安定や口元の改善が期待されます。
鼻の病気や喉の病気は、歯並び・咬み合わせに関係ありますか?
鼻が悪く、口で息をすることが習慣になっている方は、口の周りの筋肉が弱かったり、歯肉炎の原因になったりします。
筋肉のバランスが悪いことで不正咬合になりやすくなります。
また、矯正治療中にもこの習慣が改善されない場合は、治療期間が長引く原因の一つにもなりますので、耳鼻科の受診をおすすめします。
子どもの指しゃぶりは歯並びに関係がありますか?
4、5歳までに止められないようなら、出っ歯になったり、上下の歯がかみ合わなくなったりすることがあります。このことによって発音が不明瞭になることがあります。
歯並びは遺伝するのでしょうか?
遺伝するものとそうでないものがあります。
Page Topへ戻る
Mobile Site 上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。